月別アーカイブ: 12月 2012

LTEとWIFI

速度はもちろん、場所によって変わってきますが、基本的にLTEの場合、端末の3倍近い速さを実現しています。
そうしたことから、LTEと違い、基本料金にプラスしてWIFIの利用料を支払う必要があります。
実際、LTEとWIFIの違いを見ると、まず挙げられるのが料金プランで、WIFIは専用プランではなく、3G通信の契約が基本となっています。 同じように高速通信が可能なものに、LTEと並んでWIFIがありますが、これはまた別の通信規格になります。
次の世代の新しい通信方式がLTEで、第4世代と目されるもので、今後、これが主流になることでしょう。
モバイルノートPCなどに先行して採用されているのがWIFIで、LTEとは一線を画するものです。
いつでもどこでも無線で高速通信できるというのがWIFIの売りで、LTEとはまた別の路線を指向しています。

LTEよりも数年前から先行して登場していて人気があるのがWIFIで、スマホやタブレットにもしっかりと対応製品があります。 しかし、ITUでは、LTEとWIFIに関しては4Gの称号があたえられていて、実際、4Gとして呼んでいるケースもあります。 そして、対応エリアについてもLTEとWIFIには違いがあり、WIFIのサービスの開始の方が2年ほど先行していて、対応エリアがかなり広くなっています。

広告

LTEとWIFI

現段階では、3Gと4Gの中間技術がLTEとされていることから、3.9Gと呼ばれることがよくあります。LTEというのは、新しい携帯電話の通信規格で、日本では今、第3世代の通信システムが採用されていますが、その上を行くものです。

LTEを利用すれば、画像の多いサイトなどでも、実に素早く、また簡単に閲覧することができます。
ソフトバンクはLTEのことを既に4Gと呼んでいて、その特徴は、通信速度がかなり速くなるところにあります。
速度はもちろん、場所によって変わってきますが、基本的にLTEの場合、端末の3倍近い速さを実現しています。
同じように高速通信が可能なものに、LTEと並んでWIFIがありますが、これはまた別の通信規格になります。
auからもWIFI通信に対応するスマホが発売されていて、LTEに負けず劣らずの人気があります。
しかし、ITUでは、LTEとWIFIに関しては4Gの称号があたえられていて、実際、4Gとして呼んでいるケースもあります。 3G通信の数倍の速度で通信が可能なのが、LTEとWIFIで、非常に速度が速いという共通点があります。
LTEとWIFI は、技術的に相違がある通信期格なのですが、速度に関してはほぼ互角となっています。

ソフトバンクのLTE

アプリ自体が珍しくなくなったことから、ソフトバンクのLTEの登場で、特需が見込めなくなったのです。
日本ではソフトバンクのLTEの評判は非常に高く、速度、エリア共にナンバーワンを誇っています。
ただ、アイフォーン5発売後のアプリ売上高伸びは、なだらかな傾向にあり、今後のさらなるソフトバンクのLTEの奮闘が期待されています。 強気な料金設定を展開しているソフトバンクのLTEは、SBMについても同様の姿勢を見せています。
ソフトバンクのLTEは、アイフォーン5と組み合わせたことで、市場に一気に攻勢をかけてきました。
KDDIが料金面でハンデを抱えているのと比べ、ソフトバンクのLTEは、既存のアイフォーンのユーザーがいることが支えになっています。 ただ、ソフトバンクのLTEで、SBMだけは、価格競争に応じない頑固な姿勢を堅持しています。
アイフォーン5が非常に売れ行き好調であることから、ソフトバンクのLTEは、強気の姿勢を見せています。
また、通信料金がソフトバンクのLTEの場合、安定しているのも、その人気を支えている1つの理由になっています。
これまでは端末の発売を機に、既存アプリの利用が急伸する傾向があったのですが、ソフトバンクのLTEでは、その思惑は外れました。

auのLTE

auのLTEは、4G サービスとしてしっかり提供を図っており、そこにはau独自の特徴が盛り込まれています。
そして、auのLTEの通話ワイド24を利用すれば、国内通話料が半額になり、その他にも、NETというサービスを利用すれば月額315円で利用できます。

LTEで定評のあるauでは、月額525円でテザリングが利用できるようになっているので、とても便利です。
auのLTEでは、月額525円のテザリングオプションを申し込めば、テザリングが自由にできるようになります。
また、auのLTEにはオプションサービスもあり、これには、月額500円のau通話定額24があります。
このauのLTENETは、ネットやEメールを利用できて、それでいて月額料金が315円なのでとてもお得です。
このオプションに申し込めば、auのLTEの通常速度で利用できるデータ通信量の7GBに対して、さら500MBが追加されることになります。 各月のデータ通信量が7GBを超えた際には、auのLTEでは、通信速度が128Kbpsに制限されることになっています。
auが発表したLTEのサービスには、月額980円のプランと、月額315円のNETプランがあり、いずれも人気があります。
基本使用料を設けているauのLTEのプランは、2年単位での継続契約となっていて、誰でも割を利用すれば、月額980円で利用できます。

ドコモのLTE

3.9Gの携帯電話の通信規格がLTEであり、最大受信速度が驚きの326Mbpsを実現しています。
2012年の冬モデルとして話題になっているのが、ドコモのLTEXiで、1.5GHz帯を活用していることから、かなり優秀です。 ドコモのLTEのユーザーが増えていけば、速度低下が懸念されますが、そうなれば現状以上の高速環境を打ち立てるでしょう。
そして、ドコモのLTEは、下りが最大100Mbpsで、非常に速い通信を可能としています。
全国各地で1.5GHz帯でのサービスが利用できるようになれば、ドコモのLTEの評価は一気に上がるでしょう。
100MbpsエリアでのドコモのLTEの速度は、新潟でも計測されていて、テストの結果は上々です。
しかし、ドコモのLTEには難点があり、それは、100Mbps対応エリアに関しては、7県10都市に限定されていることです。

LTEに関してドコモでは、エリア範囲の拡大を予定していて、今、エリアに関する不満を解消するため、ドコモは躍起となっています。 来年度以降も、ドコモのLTEは、順次、下り最大75Mbpsのエリアを拡充していく予定になっています。
実際、ドコモのLTEは、利用動向を慎重に見極めながら、中期的な計画を検討していく予定です。
また、最近Xi対応のスマートフォンが拡充してきたことにより、ドコモのLTEの活躍の場は広がってきました。

LTEの料金プラン

スマホ基本料半額キャンペーンというものをLTEのプランでは展開していて、非常に好調です。
新しい通信方式であるLTEは、世界中から注目を集めていて、各メーカーが色々なプランを展開し始めています。
MNPでの契約は、このLTEのプランのキャンペーンは適用されず、その場合、女子割キャンペーンにとって変わります。
最近では、KDDIの沖縄セルラーが、堂々のプランを打ち出していて、LTEのプランは人気を博しています。
ただし、このLTEのプランのキャンペーンについては、新規契約と機種変更のみで、冬モデル購入に限ります。
プランと言えば、EMOBILEのLTEのプランも人気があり、これも月額割があって、お得になっています。
にねん+アシスト1600と、にねん+アシスト2900のEMOBILEのLTEのプランについては、2年間の継続利用が条件になります。

LTEのプランで、キャンペーン対象になるためには、4G 対応のAndroid搭載のauスマートフォンの冬モデルを新規、あるいは機種変更で購入する必要があります。 EMOBILEのLTEのプランは、契約種別によって、長期契約割引が適用されるというものになります。
にねん+アシスト1600が38,400円、にねん+アシスト2900が69,600円で、EMOBILEのLTEのプランは、おすすめできる内容になっています。

LTE3G

長期的可能性として見ても、LTE3G はALL-IP 構成で、低遅延の VoIP が見込まれます。
基本的にLTE3Gと言うのは、周波数帯を利用したもので、移動時の通信速度が非常に速くなっています。
下り では100Mbps、そして上りでは 50Mbpsを実現していて、LTE3Gの速度能力といのは、実に高いレベルを堅持しています。 そして、基地局設備の開発状況についても、LTE3Gは、非常に興味深く、今後が楽しみな状況です。
東京都心などから一部エリアのサービス開始という形であったため、LTE3Gの浸透はイマイチでした。
そして、周波数利用効率の大きな向上が期待出来るところもLTE3Gの魅力で、この場合、下りで 3〜4 倍程度が見込まれています。 3G の置き換えではなくLTE3Gの場合、HSDPA/HSUPA のような展開を想定しているところが強みです。
端末機についてもLTE3Gは、開発が日々研究されていて、その進化は、まさに日進月歩の感があります。
つまり、長期的発展性が考慮されていて、LTE3Gというのは、一般的には3.9Gという名称でも親しまれています。
iPhone 5でLTE3Gを使用すると、その素晴らしい速さをいちはやく実感することができます。

LTE3Gは、技術的側面からしても、3G との置き換えが実現できることを示唆しています。