無線LANとUSB

最近では、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末など無線LAN対応の機器も多いですよね。
また、一人一台パソコンを持っているという家庭などは無線LANでないと配線が大変ですよね。
また、他にもプリンターを共有することができる製品もあり、無線LANに接続していれば離れた部屋にいても印刷ができるというわけです。 では、無線LANを利用してインターネットに接続する場合、必要な周辺機器にはどのようなものがあるのでしょうか。
これらの端末をパソコンを親機として無線LANを利用するのですが、この場合はパソコンの電源が入っていないと利用することができません。 最近では、無線LANの親機にも子機にもなるUSBというのも販売されているんですね。
この子機となる無線LANUSBアダプタは、色々なメーカーから販売されていて、パソコンショップやインターネットの通販などで購入出来ます。 パソコンの電源が入っていなくても他の端末を利用したい場合には、無線LANルーターが必要になってきます。

無線LANの親機となるルーターにUSB端子がついている場合もあります。
最近では、色々なスマートフォンやタブレット端末、ゲーム機器などが無線LANで楽しめるようになっていますよね。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。