エコポイント申請窓口

既に制度自体は終わりが近付いていますが、これからでもチャンスはあります。
既に家電に付くエコポイントの制度は終了して久しく、残すところは住宅に関するものです。
エコポイントが発行される期限があり、これを過ぎたものは条件に該当していても発行されません。
そもそもポイントカードのようなものが一緒に付いてくる訳ではなく、エコポイントを貰うための手続きをしなければならないのです。 エコポイントの発行やポイントの交換申請に関しては、工事が終わってから行います。
その住宅に関しても、全ての条件でエコポイントが発行される訳ではないので気を付けましょう。
この証明書の他に、様々なエコポイントに関する申請書類を持って申請窓口へ行きましょう。

エコポイントの申請窓口は全国各地に用意されているので、最寄りの窓口の場所をチェックしておきたいです。
住宅エコポイントの例で見てみると、新築やリフォームの工事が完了した時点から話は始まります。
出かけるのが困難という場合には、申請窓口ではなく郵送という手段でエコポイントの手続きを済ませましょう。
ブログやサイトから、より詳しいエコポイントの発行方法についてチェック可能です。

エコポイントは、対象となるものを購入しただけでは使用する事ができません。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。