来年のカレンダーの手作り方

来年のカレンダーをテンプレートやソフトウエアを使って作ったら、プリントアウトします。来年のカレンダーがお店に並べられ、そろそろ気になり始める頃ではないでしょうか。 来年のカレンダーを自分で手作りしてしまえば、そんな細かいところまで自分でカスタマイズできちゃうんです。
Wordで表など作ったことがない初心者さんでも簡単に来年のカレンダーが手作りできる方法もあります。
来年のカレンダーは、世界にひとつだけのオリジナルのものを手作りしてみませんか。
まずは手作りキットの販売会社のホームページで来年のカレンダーのテンプレートをダウンロード。
また、来年のカレンダーを手作りするためのソフトウエアも無料でダウンロードすることができます。
そうすればきっと、お店で売ってるような仕上がりに見えるはずですよ。
また、最近では来年のカレンダーの手作りキットのようなものも売られていますよね。
来年のカレンダーを普通紙に印刷するのもアリですが、丈夫な厚手の紙や写真が生える光沢紙を使ってみるのはどうでしょう。
壁掛けキットならフックや閉じリング、卓上キットならスタンドや閉じリングも同梱されているので、簡単に来年のカレンダーができちゃうんです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。