月別アーカイブ: 10月 2013

卓上だけは拘りたい来年のカレンダー

やっぱ皆さん、これだけ電子化が普及していても、取り敢えず卓上と壁掛け一つずつは買うとおっしゃる方が多いんですよね。
特に、絵柄が綺麗で、記入出来る余白の多い卓上カレンダーは、来年のカレンダーでもいち早く売れる類い。
何故なら、まず来年のカレンダーとしてもらうのは、卓上より壁掛けが圧倒的多数。
来年のカレンダーも拘りを持って探してみましょう。
それこそ、携帯の待ち受けのように、好きな彼氏や彼女、あるいは可愛い子供や孫の写真を入れた自分だけの卓上カレンダーというのが作れますからね。

来年のカレンダーというのは、とかく頂き物で間に合わすという方も多いのですが、それは大抵壁掛け型の話。
ただ、やっぱ卓上はそれじゃあという事で、そろそろ始まる来年のカレンダー商戦、関連のブログやサイトで情報収集しながら早めに参戦したいところですね。 しかも、そうした来年のカレンダーをダウンロード出来るサイトの多くは無料なので、ほんと有難いですよね。
そう、卓上カレンダーって、案外くれるところが少ないんですよねぇ。
確かに、スマフォやタブレット、それに携帯電話でも暦や予定を見る事は出来ますが、いちいち手に取って画面を出さなきゃいけないのが案外面倒なんでしょう。 卓上型カレンダーはやはり自分で購入するという人が目立ちます。

広告

ダウンロードで来年のカレンダー作成

極端な話、昨今はインターネットからダウンロードして、お気に入りのカレンダーを作れるようになっています。
何せ、未だに2013年は勿論、2012年のカレンダーだってダウンロード出来ちゃうんですものね。
実際、2013年のカレンダーに比べ、2014年のカレンダーの数が少ないように見えます。
まあもっとも、もう1ヶ月もすれば、ネット上には来年のカレンダーが溢れかえり、ダウンロードピーク期に突入するんでしょうけどね。 最近は日曜始まりに加え、月曜始まりのカレンダーも沢山ありますし、4月から3月までを1年とする年度形式のカレンダーも沢山あります。 それこそダウンロードを活かした世界に一つだけのお気に入りの来年のカレンダーです。
壁掛けから卓上、そして手帳形式まで、いろいろな来年のカレンダーがダウンロードによって作れるのです。
それと自分の好きなキャラクターや有名人のイラストや写真などを組み合わせたオリジナルカレンダーを作る事も可能でしょう。
ただし、有名人や人気キャラクターの来年のカレンダーは、流石にダウンロードとは言え、容易に入手するのがちょっと難しかったりもするので要注意。来年のカレンダーはいつ頃から準備するべきなのか、それは使用するカレンダーによっても随分左右される事でしょう。

来年のカレンダーをダウンロードする際の注意点としては、やはり使い勝手のいい暦を選ぶ事が大事。

来年のカレンダーとは

来年のカレンダーという響きを聞くと、何となく慌ただしく感じるのは私だけでしょうか。

来年のカレンダーと聞くと、何となく年の瀬が近づいて来た事を感じさせられ、ついつい慌ただしいなぁって思っちゃうんでしょうね、きっと・・・。 そのくせ、どことなく気になるのが来年のカレンダーだったりもするんですよね。
よくよく考えてみれば、冬本番になる頃はもう来年直前というのが現実。
特に若い子に人気のあるジャニーズなどの来年のカレンダーはみんな4月スタートです。
となると、最近はこんな気の利いたのが段々少なくなって来ているから、来年のカレンダーに対する期待は大なのでありますよ。
という事で、無理にこの時期に慌てて選ぶ必要などないカレンダーではありますが、やっぱりどこかしら気になる。
なるほどね、うちなんかでもそう言えば、カレンダーは大抵保険屋さんとかからのもらい物で間に合わせてますからね、わざわざ買わないもんねぇ。 何せ、いいカレンダーをくれるところと取引するという考え方も結構根付いているようですし、中には、それを楽しみに付き合っている人もいるとの事。 ただ、どれを使うかについては、やっぱ絵柄が綺麗で書き込める余白がしっかりあって、且つ、暦が記載されているのが望ましい。
そう、最近は学生やサラリーマンが使いやすいように、4月から3月までを1年とする春始まりのカレンダーも沢山出ているのです。 極端な話、来年のカレンダーが来年の顧客の支持を決めると言っても過言ではない位、特に個人商店さんにとっては大きなポイントになるようですね。

時間貸し駐車場の最大料金のワナ

よく、「一日最大1000円」や「最大料金1200円」などといった看板を時間貸し駐車場で見かけると思います。

時間貸し駐車場の数は車の利用率の増加に押されて、最近本当に増えてきました。
私は何度もそいういう思いをしていて、そのたびに時間貸し駐車場の小さい字で書いてある案内看板をよく読むのですが、大体共通してあるのが「切り替え時間」というもの。 「切り替え時間」は24時に設定してあるのが一般的のようですが、利用時間がこの24時をまたぐと最大料金が適用されないという時間貸し駐車場が多いんです。 でもこの「一日最大料金1000円」という表示、実はトリックがあるんです。
また、何日利用しても出庫までの間に一回しか最大料金が適用されないようになっている時間貸し駐車場も多く、出庫の際にトラブルとなっているんです。
3日間親戚の家に泊まりたいという時に近くの時間貸し駐車場の表示が「一日最大料金1000円」となっていれば単純計算で3000円くらいになり、とても魅力的に感じます。 逆に、深夜でも人が賑わう繁華街では、24時間同じ料金設定の時間貸し駐車場もあります。
実際にこのような最大料金を掲げている時間貸し駐車場を利用して、出庫時に思いの他高額な駐車料金を払ったことはないでしょうか。 これは小さな土地や遠隔地にある所有地、顧客が取れない月極駐車場の有効利用として時間貸し駐車場にする人が多いためです。
長時間利用しようと思っている人にとってはとっても魅力的な時間貸し駐車場ですよね。

コインパーキングの時間貸し駐車場

時間貸し駐車場の利用料金を踏み倒した人はこれら防犯カメラから身元が割り出され、利用料金とともにロック板の修理代金の支払いも請求されることになります。 比較的規模の大きい時間貸し駐車場ではゲート式が主流ですので、そういった車の人は大きめのコインパーキングをオススメします。 特に車体の大きいワゴン車や車高の低い車はロック板式の時間貸し駐車場だと車体を傷つけてしまう恐れがあるので不向きかもしれません。 私はそんな理由でロック板式の時間貸し駐車場は避けるようにしています。
結局は踏み倒した時間貸し駐車場の利用料金より高いお金を払わなくてはいけないなんて、愚の骨頂ですよね。

時間貸し駐車場のロック板、最初に見た時はどうやってとめるんだろうと不安になったのを覚えています。
無人の時間貸し駐車場ができた当初はゲート式しかありませんでした。
ロック板式の時間貸し駐車場では、車をとめるとセンサーが察知して下からタイヤまたは車体をロックする板が自動的に上がってきます。
時間貸し駐車場の料金に問題があるのであれば、最大料金制度のあるコインパーキングを利用したり、近辺で料金を比較して安めのところを選べばいいんです。時間貸し駐車場は、出庫の際の料金精算を係員を通して行うものと、24時間無人で機械にお金を入れて精算するコインパーキングがあります。 料金を比較して一番お得な時間貸し駐車場をみつけ、ナビなどに設定しておいてもいいですね。

時間貸し駐車場内での事故

無人の時間貸し駐車場にはゲート式とロック板式があります。
また、停止位置に停めた後に機械で立体駐車場に格納されるようになっている時間貸し駐車場もあります。
時間貸し駐車場での事故の事例などはブログやサイトなどで読むことができますので、万が一の時に慌てないように情報収集しておくと良いでしょう。
このロック板はセンサーが車を察知後3分程度経過してから上がるようになっていますが、所定の時間前に作動して車が傷つくという事故が結構あるようです。時間貸し駐車場は24時間、管理人のいないコインパーキング式のところがかなり増えてきました。

時間貸し駐車場には係員が代わりに運転して駐車スペースに入れるところもあります。
防犯カメラのついている時間貸し駐車場なら真相が究明できたりするので、このような事故が起きたら管理会社と警察に連絡を取り、事故証明を取っておくと良いでしょう。 この場合時間貸し駐車場の管理側に過失があったと考えられます。
これは無人の時間貸し駐車場がスペースを貸し出すという業務であるのに対し、後者は車を預かるという業務になるからのようです。 時間貸し駐車場では入庫から出庫まで利用者の責任で行動する必要があるんですね。
でも実際には機械の誤作動で事故が発生したということもあり、その場合時間貸し駐車場に修理代を請求できたという事例もあります。

時間貸し駐車場の営業時間

無人で営業しているコインパーキング式の時間貸し駐車場は24時間営業していることが一般的です。
それでも稀に、メンテナンスなどの都合でショップより早く併設の時間貸し駐車場が閉まることもありますので、入庫の際に何時に閉まるのか確認すると安心です。 ある時間貸し駐車場では車をレッカー移動するなど処分されてしまうことも。
営業時間が終了した時間貸し駐車場には管理人もいなくなり、駐車場自体もシャッターなどが下りて施錠されてしまいますから当然出庫することはできなくなります。 例えばデパートやファッションビルに併設されているような時間貸し駐車場では、ショップが閉店する頃に閉まります。
たまにビルとビルの間の本当に小さなスペースに発見することもあったりして、土地の有効活用として時間貸し駐車場を作るのが人気なんだなと思います。 「まぁいいや、ちょうど朝までカラオケに行きたかったから開いたら取りにこよう、施錠されているから安心だし」と呑気なことを言っている場合ではありません。 大体その時間貸し駐車場が閉まる30分前が最終入庫時間になっていることが一般的です。
大型の時間貸し駐車場ではそこから歩いて出るのに5分くらいかかりますから、そんなギリギリに入庫してもせいぜい待っている誰かを迎えにいくくらいしかできませんが。 もし仮に管理人の姿があったとしても、営業時間過ぎてしまった時間貸し駐車場からは一切入出庫できません。
出庫ができなくても駐車してある事実は変わりませんから、その間の時間貸し駐車場の所定の駐車料金を支払う必要があります。