月別アーカイブ: 11月 2013

ハロゲンヒーターにかかる電気代

ブログやサイトからは、ハロゲンヒーターを使って実際にかかる電気代などの情報がチェックできます。
ハロゲンヒーターといえば数多く存在する暖房器具の一つなのですが、近頃はあまり見かけなくなったかもしれません。
しかしハロゲンヒーターに関する事故のほとんどは安全認識の不備が原因という事があるため、完全に否定してしまうのには惜しいです。 家に一つだけ暖房器具を用意する、となるとハロゲンヒーターが候補に選ばれるのは難しいかもしれません。
不利な面の見えるハロゲンヒーターですが、空気を汚さずホコリも巻き上げないのは大きなメリットとなり得ます。
ただし何人も集まるリビングにハロゲンヒーター一台となると、電気代事情も変わってきそうです。
エアコン使用における空気の乾燥対策や石油ヒーター使用における換気の手間が、ハロゲンヒーターには必要ないのも大きな魅力と言えるでしょう。 加えて、その暖房器具を使っていて快適かどうかも重要ではないでしょうか。
とは言え暖房器具を選定するポイントが電気代のみに絞られる事はなく、様々な要素からハロゲンヒーターやエアコンから選んでいく事になります。 特に、ハロゲンヒーターは他の暖房器具にはない特徴を持っているため状況によっては優位に働きます。
確かに、部分的に暖める事が得意なハロゲンヒーターは基本的な使い方を逸れなければ電気代をかなり抑える事ができるでしょう。

広告

ハロゲンヒーターとは

ハロゲンヒーターの名前になっているように、ハロゲンランプと呼ばれるものを熱源に用いています。
注意して利用する事で、ハロゲンヒーターに関するトラブルのほとんどは回避可能ではないでしょうか。
一見すると扇風機のようにも見えるのですが、羽が無いため違うと分かります。ハロゲンヒーターは個性的な外観をしたものが多い暖房器具なので、冬場に置かれていればかなり目立ちそうです。

ハロゲンヒーターは、他の暖房器具とは一線を画する存在と言えるでしょう。
ハロゲンヒーターは前面、スイッチを入れた時に発光する面の近辺を暖めるという変わった性質があります。
一時期かなり注目された感のあるハロゲンヒーターですが、最近は落ち着いていると言えるでしょうか。
一見すると非常に簡素な構造をしており、技術レベルの低い場所でも製造可能です。
これは、ハロゲンヒーターそのものに構造的欠陥があったというよりも運用方法に問題があったと指摘する声が大きいです。
また、見た目が扇風機に酷似しているため暖房器具という認識が薄まりやすいのもハロゲンヒーター事故に大きく影響しそうです。
羽のない扇風機という触れ込みのものもありましたが、あれはハロゲンヒーターとも従来の扇風機とも形状が違うため区別は容易です。

家庭で確認し合う防災マップ

自然災害が発生した際、住民が自主的かつ迅速に避難するために必要な情報が防災マップに盛り込まれています。
また、避難場所の位置や、避難の際に注意すべき場所などが防災マップにおいて、明確に記されています。
家庭で防災マップの作成をしていくと、防災意識の向上にもつながり、色んな知識が増えていきます。
防災全般についての情報を防災マップは掲載していて、家庭にあれば、災害についての備えの第一歩になります。
また、地震については、防災マップでは、大きな被害をもたらすと想定されている断層や、今後発生する震度予測が盛り込まれています。 家庭や地域での防災対策に備えて防災マップは非常に役立つもので、被害が想定される区域が一目でわかります。
防災マップの作成については、作成する過程も大切で、その辺は、各家庭でしっかり留意しなければなりません。
家庭で、しっかり防災マップを確認しておく必要があり、避難場所や避難経路の確認など、災害に対する備えをしておかなくてはなりません。 自分の住む地域の安全な場所、危険な場所の再認識を家庭ですべきで、防災マップをしっかり作っていきましょう。
また、地域の人たちと協力して防災マップを作ることで、家庭と地域の連携がとりやすくなります。

防災マップとハザードマップ

ただ、いろんな自治体発行の防災マップを見ていると、ハザードマップとごっちゃになっているものがたくさんあります。
防災マップのハザードマップの違いは、わかりにくく、実際、両者には明確な定義というものがありません。
一口に防災マップと言っても色々あり、火山マップ、洪水マップなど、色々な種類があります。

防災マップは、1980年代から、政府の推進策に基づいて作られていて、地方自治体が主として作成しています。
そのために、政府は、防災マップを作成するのに役立つ、活用事例集の配布などを積極的に行っています。
ハザードマップも防災マップのどちらも、災害時の住民の安全な避難を支援するものであることに変わりなく、共通しています。

防災マップがハザードマップと少し異なるのは、単に被害が発生するかの予測図ではなく、避難場所や経路などが書き込まれているところです。 ハザードマップは、あくまで一次作業の結果で、それに二次的な作業を加えたのが防災マップと言えます。
被害軽減に向けた住民の具体的な行動に結びつけていくという重要な役割が防災マップにはあります。
怖いのは、自分の知っているハザードマップの定義に固執することで、防災マップに包括されるものであることを認識する必要があります。

防災マップで避難場所を確認

そして、防災マップには、避難場所が記されていて、揺れやすさマップや液状化危険度マップ、道路閉塞度、橋梁通行支障危険度マップなどがあります。 防災マップを有効に利用することは大事で、自分の街の避難場所を確認する必要があり、避難場所さえわかればいざという時に安心です。 また、洪水防災マップを掲載していて、市における災害発生時の危険箇所や避難場所を明示しています。
大規模な地震はいつ発生するかわからないので、住民は防災マップの避難場所をよく確認しておきましょう。
浸水被害に備えて、浸水状況を確認し、大津波からの避難に備えて、避難場所を防災マップで確認しておくことです。
また、すぐに避難するのではなく、防災マップで避難場所を確認した後、ラジオなどで発表される自治体の避難勧告に従うようにすることです。 また、水害発生時には、防災マップで記された高台で、浸水の心配のない避難場所へ早めに避難することです。
災害時の心得などについて日頃から防災マップを利用してよく考えておくことが大事です。

防災マップは、津波の際の高台や津波避難場所のビルの位置を確認することができるので、いざという時に確認しておくべきです。
徒歩帰宅支援マップという防災マップは、警戒宣言時等の公共交通機関停止時の徒歩帰宅の際に有効活用できます。

洪水の防災マップ

洪水の防災マップは、様々な洪水に対する危険を回避するために、詳細な内容が記されています。
まさに防災マップは、コミュニケーションツールのひとつであり、地震や洪水などの自然災害リスクに備えるものです。

防災マップは、近時発生した洪水被害を参考に、情報の受け手である住民に、リスク情報を的確に示しています。
2005 年、水防法の改正で、洪水の防災マップの作成が積極的に行われるようになり、それは地方公共団体にも求められるものです。 作成主体は国土交通省と地方公共団体で、洪水の防災マップは、洪水予報河川及び避難判断水位を示しています。

防災マップは、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、洪水災害による被害の軽減を目的に作成されています。
洪水だけでなく、自然災害リスクに対する消費者意識の向上を図るには、防災マップの有効活用が望まれています。
洪水の防災マップは、水防法第15 条に基づき、浸水想定区域での迅速な避難の確保を目的として作られたものです。
そうした現状に鑑み、社団法人日本損害保険協会は、洪水の防災マップの現状と課題を整理しています。
浸水想定区域図は、浸水情報と避難箇所に関する情報を提供する、洪水の防災マップの元になる図になります。

わいわい防災マップ

わいわい防災マップの応急対策マップは、古いブロック塀が無いか、危険ながけが無いかなどが示されています。
危険性に関する情報がわいわい防災マップとして載っていて、火災が起きた場合に延焼の危険が高い区域などを示しています。
まず、わいわい防災マップには、災害危険マップがあり、これは区全体の危険性を表示した地図になります。
わいわい防災マップは、防災意識の向上、被害の軽減の行動に役立つよう作成されたものです。

わいわい防災マップで、地震が起きた場合に予想される揺れの大きさと地盤の液状化の可能性を災害危険マップで知ることができます。 気づいたことや必要と思う情報を書き加えれば、よりよいわいわい防災マップが完成します。
危険回避に関する情報として、わいわい防災マップは、震災時の避難場所、大災害時でも通れる広い道路を示しています。
応急対策マップというわいわい防災マップもあり、避難の検討以外に、自分達のまちは自分達で守るための行動に役立てることができる地図になっています。 予想される震度など、防災に役立つ各種情報を示したのがわいわい防災マップで、暮らしに役立つ情報が満載されています。
わいわい防災マップにある50mメッシュ情報などは、一定の仮定と条件の基に表示したものです。