終活カウンセラー

終活は、さあ始めようと肩肘張って始めるようなものではありません。

終活を始める時期をいつにしようかと、悩んでいる方はいませんか。
遺言書のように決まった形がある訳ではないので、自分なりの終活をしていけば良いでしょう。
ただ、そう言われると終活そのものが漠然としすぎていてイメージし難くなってしまうかもしれません。
もっと気軽に、暇な時に進めるくらいの感覚で手を付けてみませんか。
業務として終活そのものが独立している訳ではないため、カウンセラーの資格一つでの就職は難しいと想定されます。

終活カウンセラーの資格は、主に葬儀屋や保険会社といった直接的ないし間接的にでも人の死に関わる方が取得を目指しているようです。 ただ、有資格者の扱いに対しては終活が注目されている現代において多少なり影響を及ぼすものと思われます。
元気なうちに始めるのが良いのか、或いは何か虫の知らせのようなものを感じ取った時に終活を始めれば良いのか悩みどころです。
カウンセラーになったから終活が済む訳ではありませんが、段階的に必要な情報をえられる利点があります。
出来れば元気なうちに撮っておきたいものですし、歳が離れすぎる事もなくなります。
遺産などの話は、整理できる時期に一度まとめて終活として整理してしまうと良さそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。