月別アーカイブ: 6月 2014

セサミオイル風味のキムチ鍋

例えばキムチ鍋、暑い時にそんな熱い話をするなと言われそうですが、熱い時だからこそキムチ鍋でスタミナを付けるという策戦もありでしょう。 特に、セサミオイルの香り漂う激カラのキムチ鍋は、今の時期には最高ですよ。
実はこのキムチ鍋、私がよく行く会社の近所の居酒屋さんの人気メニューなんですよ。
実は私、特別なセサミオイルを仕上げに掛けているのではないかとずっと思っていました。
しかも、このセサミオイル風味のキムチ鍋は、冬より夏の方がずっとよくオーダーされるそうですよ。
なんだ、わざわざ余計な時間とお金を使わなくても、家でパソコンの前で勉強出来たんじゃないっていう気はしましたが、まあ、今更言っても仕方がありません。 そこで、何がなんでもこのセサミオイル風味のキムチ鍋をおうちご飯のレパートリーに加えたい。
でも、教えるも何もないって言うんですよね、余りにも簡単すぎて・・・。
そして、その肉とキムチを炒める時の炒め油としてセサミオイルを使っていらっしゃったのです。
ただ、暑い時に熱い物は中々箸が進みにくいじゃないですか、なので、セサミオイルの風味があれば、食欲も湧いて来るというものではないかと思います。 でも、その居酒屋さんでも売れ筋メニューとなっているセサミオイル風味のキムチ鍋。
最初は、そう簡単には教えてもらえないだろうなぁ、これは相当通って相当飲み代を使わないといけなくなるかもって思っていました。 私たちが汗を掻くのは体の体温調節の一環ですから、発汗作用のある香辛料を使ったレシピは、実は案外涼しくなれるレシピでもあるんです。 その居酒屋さんでは、キムチ鍋を作るに当たり、まず最初に、フライパンで豚肉とキムチを炒めていらっしゃいます。

セサミオイルの香り漂うキムチ鍋、とにかくとっても美味しいんです。
これが、あの濃厚なキムチ鍋の味と香りの秘密だったんですよね。

広告

セサミオイルを仕上げに使う野菜炒め

セサミオイルはとても体にいいと言われる油ですが、その反面、酸化しやすいため、長時間加熱すると余り体に良くないのではないかという説もあります。

セサミオイルの香り漂うシャキシャキの野菜炒めは、大抵、炒め油としてではなく、仕上げの調味料として使われているそうです。
ところが、セサミオイルの最も体に優しく効能を発揮しやすいと言われる加熱温度は70℃から100℃。
シンプルなキュウリとハムだけのサラダにもよく合いますが、野菜たっぷりのサラダにかけても、すっごく美味しいですよね。
すると、最終的に炒め油は完全に100℃以上の高温になってしまう訳です。
例えば野菜炒め、最初に豚肉を炒めてから順々に野菜を入れ、十分加熱してから最後に塩コショウと醤油やオイスターソースで味を調えます。 代表的なレシピでいうと麻婆豆腐、美味しく作る最大のポイントは、仕上げに回し入れるセサミオイルだと言われています。
セサミオイルの風味が大好きな私は、ドレッシングは絶対に中華風ドレッシングって決めています。
セサミオイルの濃厚な味と香りは、中華ドレッシングの最大の特徴と魅力です。
これは、麻婆豆腐でよく使われる調理法ですが、多くの炒め物にも応用出来ます。
この工程で野菜炒めを作る場合、炒め油としてセサミオイルを使うと、中華鍋やフライパンを熱して油を注ぎ込んだ時点で加熱が始まります。 それも、野菜炒め煮限らず、麻婆豆腐でも青椒肉絲でも、チャーハンでもね。
確かに、味も香りも濃厚で、家族の評判もとても良かったですよ。
以来、私も野菜炒めを作る時は、最初にサラダ油で炒め、最後に鍋の縁からセサミオイルを回し入れて仕上げるようにしているのです。

セサミオイルうがいの効果

このセサミオイルを使ったうがい方法は、インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づくもので、日本のドクターの間でも推奨されているようですよ。 お口クチュクチュって、どこかで聞いた事ありそうですが、この際気にせず、話を先に進めましょう。
事実、東洋美学の世界では、アビアンガと呼ばれるオイルマッサージの主要油となっています。
どうやらセサミオイルをボディーに塗ると、艶や張りのある美肌作りが出来、頭に塗ると、育毛剤的効果が得られるようです。
この一旦加熱して覚ましたセサミオイルは、肌に優しいので、ローションパックや頭皮用のオイルとしても使えるんですよ。
何故なら、焙煎物の方が、はるかに色も香りも香ばしく仕上がるからなんですね。

セサミオイルうがいは、生搾りのを一度70℃位まで熱して、常温にした油を使います。

セサミオイルで行なううがい、皆さんも是非、美容と健康のために始めてみませんか。
セサミオイルうがいのやり方そのものはとても簡単で、大さじ一杯程度口に含み、クチュクチュと口内全体に回すだけ。セサミオイルが体にいいのは有名な話ですが、うがいが出来るとは、ちょっとビックリでしょう。 そこで、うがいし終わった油は、ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどで取るようにするといいでしょう。
なので、ここは一つケチらずに、出来れば最も体にいいと言われる白ごま絞りの油を選択していただければと思います。
まあ確かに、このセサミオイルうがいの効能の一つには、声のハリが出るというものがあるようです。
マジ、椿鬼奴さんがセサミオイルうがいでオペラ歌手のような声で話すようになったら、日本中が目が点でしょうね。

白セサミオイルの生搾り

だから、国内で作られているセサミオイルの殆どは白ごま、それも、インドや中国から輸入された白ごまから搾取された油です。
黒ゴマから作る油や焙煎物に比べ、軽くて味が柔らかいため、肌に優しく、そのまま飲む事も出来ると言われているんですね。
それが中々の高級品だと言われている太白のセサミオイル、きっと、昨日あのおば様方が話していたのは、これじゃないかと思いますよ。 でもって、家庭で調理の際に多く使われる香りと色の濃いセサミオイルは、高温で焙煎された油ね。
ブランド品に身を包んだ中年のマダム3人組が、市営バスに乗っていたのもちょっと不思議だったけど、あの会話の内容はもっと不思議。

セサミオイルの中でも、その製法としては最も高級とされる太白のは、ゴマを一切火にかけていませんから、無色透明で、味も色もすっきりしています。 東洋医学を代表するインドのアーユルヴェーダでマッサージに使われる油は、何を隠そう、生搾りの白セサミオイルですもんね。
そして、ゴマを炒らずに生のまま圧搾して作る油があります。
ただ、白セサミオイルが体にいいのは確かですし、同じ白ごまから作られた油でも、生搾りのものは、そこそこ高級品です。
白セサミオイルを手で全身の皮膚にすり込むと、直接体内に浸透し、美肌効果や血行改善などを促してくれるそうですよ。
また、うがいにつかったり、綿棒で花の中に塗ったりすると、粘膜の免疫力が強化され、風邪や花粉症などの予防にも繋がるとか・・・。 何故なら、黒ゴマは皮がとても固くて沢山の油を絞り出す事は難しいんですよ。
油は美と健康の大敵という考え方はもう古い、これからは、白セサミオイルで美容と健康を維持する時代なのかも知れませんね。

国産黒セサミオイルの高級品

セサミオイルの最高級品は、なんと言っても生搾りの白、よくこんな風に言われますよね。
でも、実際には、例え焙煎物であっても、黒ごまから作られるセサミオイルの方が、ずっと高級品なんだそうですよ。
だから、厳密には、このセサミオイルで揚げた天ぷらは、100パーセント究極の日本の晩ご飯だとは言えないんだけど、まあ、そんなことはどうでもいいですよね。 だから、やっぱりエクスペンシブ、黒セサミオイルで揚げた天ぷらは、まさしく究極の日本の晩ご飯だと言えるでしょう。
そこで、国内のセサミオイルは、その殆どが白ごまから作られる白ごまオイルです。
国産の黒セサミオイルだというだけでも貴重品なのに、その材料となるゴマまで国内産という自給自足のセサミオイル。
それは実に簡単な理由で、黒ごまの表皮はとても硬いため、油を絞り出すのが大変だからです。
ついこの間も、人気テレビ番組ミリオンダイスの中で、いとうあさこさんと渡辺直美さんが鹿児島の製油所を訪ねていました。
実はこの工場、以前にもNHKの朝の情報番組で紹介されていたらしくて、そう言えば、母がそんな話をしていました。

セサミオイルの中でも、本当に最高級のは黒ゴマから作る油、それも純国産のものなんだそうですね。
つまり、国産の黒ごまオイルというのは、余り生産されていなくて、余り市販されていないという事なんですね。
う〜ん、なんて美味しそうなんだろう、私も何がなんでも食べてみたい、国産の黒ゴマから作られた国産黒セサミオイルで揚げた天ぷら。 他にも国産の黒セサミオイルを作っている工場はいくつかあるようですが、受注生産というところも少なくないようですね。
そもそも、焙煎と生搾りの違いというのは、圧搾して油を抽出する前にごまを炒るか炒らないかの違い。

セサミオイルのカロリー

セサミオイルは味も香りもいいんだけど、カロリーが高いのよねぇ、時よりこんな事をおっしゃる方がいらっしゃいます。
でも、これは大きな誤解で、他の油類も、全てセサミオイルとほぼ同じカロリー量。
では、何故、セサミオイルだけが特別高カロリーな油だと思われるのでしょうか。
料理上手な主婦が書いているブログやサイトもあれば、専門家がいろいろと分析したり、解説してくれているブログやサイトもあります。 この不飽和脂肪酸は、体内で脂肪となり、エネルギー源になる物質、一応日々の食生活からきちんと補わなければならない必須脂肪酸です。 もしセサミオイルを100グラムも摂取したら、900キロカロリーも満たしてしまう事になりますから、ちょっと大変です。
だから、余計に、油を取ってる、カロリーが増えるって思っちゃう部分もあるんでしょうね。
セサミオイルのカロリーや栄養素については、様々なブログやサイトに情報掲載されています。
ですから、十二分に油分を吸収し、高カロリーを保っている事にはなるのですが、何故かみんな、最近はラー油をパクパク食べてますよね。 それに、セサミオイルは香りが高い分、料理に使うと、その存在感が大きいじゃないですか。
まあ、この10グラムという量は、カロリーにすると9キロカロリー前後ですから、妥当な数値と言えるんでしょうね。
もし、どうしてもセサミオイルのカロリーが気になるという方は、そうしたブログやサイトを読んで見られるといいのではないでしょうか。 にも関わらず、一見カロリーをすごく気にしていそうな若い女性たちの間でも、食べるラー油は第ブームです。
ですから、セサミオイルも適量であれば、毎日摂取した方がいい食材という事にはなりますね。

セサミオイルの酸化と抗酸化作用

だから、この不飽和脂肪酸を多く含むセサミオイルは、とても酸化しやすい物質だと言われる訳。
それに、食べるよりも、肌に塗る方が、ずっと安心と言えば安心でしょう。
セサミオイルの酸化の強さと抗酸化作用の関係については、様々なブログやサイトで紹介されています。
確かに、セサミオイルに含まれているリノール酸は、特に酸化しやすい物質で、光や熱、そして空気に触れると、とても危険かも知れません。 しかし、一方で、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減少させる働きを持ち合わせています。 ビタミンEをはじめ、セサミンやセサミノールなどのゴマリグナンは、他の植物油には含有されていないオリジナルの抗酸化成分。
実はこの不飽和脂肪酸、エネルギー源や身体の構成成分となるばかりか、血液中の中性脂肪やコレステロールを調整してくれる働きを持って要るんですよ。

セサミオイルは体にいいのか、それとも悪いのか、正直、これはとても難しい問題ではないでしょうか。

セサミオイルは抗酸化作用の強い油ですから、食べるよりも肌に塗った方が、より一層アンチエイジング効果を実感出来るかも知れません。 そして、セサミオイルには、自らの酸化を防ぐための抗酸化作用も豊富に含まれているのです。
まあ、そんなこんなで、良きにつけ悪きに付け、何かと効能を振りまいてくれるセサミオイル。
そこで、特に古くなったセサミオイルは体によくないと言われるんですね。
そのお陰で、セサミオイルは、それほど急激に酸化する事がなく、美容的観点からも医学的観点からも支持されるんですね。
そういう事を踏まえて、セサミオイルの酸化を取り上げたブログやサイトを今一度読んでみられてはいかがでしょうか。