プラスチックゴミのリサイクル方法

プラスチックごみをゴミのリサイクルとして処理するのではなく、可燃ごみとして処理しているようです。
我が家の近くのスーパーでは、ペットボトルやプラスチックトレーをゴミのリサイクル
できるように、回収箱が店頭に設置されています。
私もなるべくペットボトルやプラスチックトレーを、店頭の回収箱へ持って行き、ゴミのリサイクルできるようにしています。
東京23区では、ゴミのリサイクルするためにプラスチックを回収しないのだとか。
ゴミのリサイクルでプラスチックの処理方法は、各自治体によって異なるようです。
このゴミ袋代金を少しでも浮かすには、ゴミのリサイクルをして家庭から出るごみの量を減らすしかありません。
そして、プラスチックをゴミのリサイクルする方法として、サーマルリサイクルが本格化しているのだとか。

ゴミのリサイクル回収箱へペットボトルやプラスチックトレーを持って行くだけでも、袋の消費量がかなり違います。
しかし、同じ東京23区であっても、一部の区では、プラマークの付いたプラスチックごみはゴミのリサイクルするために、資源ごみとして回収しているのだとか。

ゴミのリサイクルでプラスチックごみを燃やしたときに発生する熱エネルギーを利用するのがサーマルリサイクルという方法のようです。 ゴミのリサイクルに関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。