UVランプとオゾンの関係

UVランプは、紫外線を照射するタイプのランプで、非常に特殊なランプと言う事ができるのです。
UVランプは使い方次第で、害を与えたり、良い効果を与えたりと、一長一短な所があります。
UVランプには発光スペクトルという光の量があり、ランプによってその量は様々に変わっていきます。
UVランプを人体に照射していると、日焼けややけどのような影響を与えることもありますね。

UVランプを爬虫類を飼育するときに使うのは、爬虫類の成長を正しく促すためで、これは良い使われ方です。
UVランプの種類は、低圧水銀ランプや、高圧水銀ランプ、メタルハライドランプと、挙げられます。
UVランプから出される紫外線は、電磁波の一種で、波の形をしたエネルギーと考えてください。
ではUVランプで照射される紫外線とは一体どのような効果をもたらすものとなっているのでしょうか。
これらがUVランプの正しい使い道だと思いますし、ぜひこのような使い方を心がけてほしいものです。
そのため、これらのUVランプは間違った使い方をしないように、注意して扱わなければなりません。
ぜひこれらの情報をうまく活用してUVランプを使っていってください。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。