玄米茶の伊右衛門

いろいろな研究やテイスティングも行ったであろう「伊右衛門」の玄米茶も、なかなかこの壁がクリア出来なかったようなのです。
また「伊右衛門」が玄米茶の味わいにこだわった結果、逆に「癖のある味」ということになってしまったことも否めないのです。
やはりどんなにいい茶葉を使ってブレンドされていても、いれたての玄米茶の味を復元することがかなり難しいことだったのでしょう。 「伊右衛門」の他のお茶シリーズがおおむね好評であるにもかかわらず、玄米茶は製造停止になったことから、難しさがうかがえます。 高級感のあるお茶シリーズである「伊右衛門」ですら、玄米茶の味の復元では見誤ったとも言えると言う方もいるほどなのです。
つまりほうじ茶や煎茶、抹茶は味が一定なので再現しやすいのですが、玄米茶は玄米と言う材料で非常に味が複雑になるようなのです。 中には「想像したよりも美味しいと思った」という意見もなくはないのですが、ペットボトルの中では再現しにくい味わいと風味が玄米茶のようです。

玄米茶をパットボトルの商品として売り出そうとしたのは、知る限りでは「伊右衛門」だけだったようなのです。
玄米の味にこだわり過ぎると、あまり美味しくない、ということもあり、玄米茶のブレンドは意外と難しいものなのだそうです。
非常に簡素でありながら、複雑で、また味わいが色々と出てくるということからも、ペットボトルで再現するのは難しいのが玄米茶です。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。